kiacard blog

カードと向き合うヒトリゴト

sun 太陽 ボイジャータロット

f:id:kiaca:20170114225729j:plain




私の娘が3歳くらいの時だと思いますが何故か始めに反応し

今でも大好きだと公言しているカードです。


私自身は


覚えている限り

ほとんど引かないカードです。


私は今まで

太陽を見て来ませんでした。

まぶしくて暖かかった

その方向ではなく

暗くて冷たくて人目につかないところが凄く落ちつく…


となりの暖かい部屋では

笑い声が聞こえてきた。


でも、聞こえないフリをして

私の部屋にこもっていました。


おいでよ。と言われても

いかなかった。

目を合わせなかった。


明るい方に行くこともあったけど

とにかく居心地が悪かった。

全然楽しくなれなかった。


それはね…

私に関心がない人といるのが

つまらなかったからだよ。


私のことを

大切に思っていた、というなら

出来たはずだけど

私には伝わらなかった。


そんな私は

怒れなかった。

言葉に出来なかった。

ただ、睨みつけて

黙るしかできなかった。


泣いたら

泣けば済むと思うな。

と言われた。

怒ったら

ヤクザだ。と言われた。


だから私は

関わるのをやめた。

あきらめた。


それはね

ある人に言わせると

すでにものすごく傷ついていたのに

またさらに傷つくかもしれないのが


怖くてたまらなかったらしい。

だからあらめたんだって。




こんな人生で

終わりたくない。


私は

どうしたらいいか

カードはいつも教えてくれる。


私がどうしたかいか

教えてくれる。



暖かい方へ

飛んで下さい。

望んでいいし

私は誰かの私ではない。


私は私のためにいる。


悲しかったものは悲しかった。

痛かったものは痛かった。

苦しかったものは苦しかった。


それも全部自己責任だなんて

神様みたいなことば

わかるのは

死んでからだって遅くない。



もういい人ぶるのはやめる。


私は悲しかった私を

慰めてこなかった。

誰のために生きてきたんだろう。



私が私の味方にならなくて

誰がなってくれるというんだろう。



ばかばかしくて

たまらない。



私は

二つめの新しい人生を生きる。


始めから

やり直すから

上手くいかないかもしれない。


でも

うまくいかなくても

前と違うのは


私が私を慰められるかもしれないし

とにかく自分に正直に生きられるだろう


私はこの何日かで

これだいきらい!と

いうことばを何回も言っている。


だいきらいを

発していったら


大好きがみえるかもね。