kiaca’s blog

ボイジャータロットでみつめる自分

death 死 ボイジャータロット

こういう人は世の中に

多いのか少ないのかわかりませんが

尊敬する人は、親です!!とか

当たり前のように言う方の気持ちが全く分からず

そんな自分ておかしいのかなぁ

とか

よくおもってました。



もっというと


たまに

親を殺してしまったり

兄弟を殺してしまったり

する事件や

物語がありますが


ものすごく気持ちが

わかります。

あ、犯罪者のですよ。

、、、

仕方ないよね。

分からないものは分からない

分かるものは分かるんだからさ!笑



f:id:kiaca:20170124234517j:plain


私がないものを全てもっていると

私は私の姉妹にずっとおもってきました。


私はものごころついた時から

妹と一切会話しませんでした。

(約10年間)

このまま大人になっても

会話することなんてないと

信じてたくらいです。



そのようにして、両親の気をひこうとしていたのかもしれないですが

マイナスでした。

私は両親の前で

みんなでテレビを見ていても…

笑いたくなっても笑わない。

泣きたくなっても我慢する。

いつも、感情を出さない。

と決めてました。


ある日、妹が鼻歌まじりに

リビングを横ぎり

私、この人たちのまえで

鼻唄なんか歌えない。


と冷静におもった。




あ、怒りだけは出したかな?

無言で。

睨みつけるだけとか…


家のドアをバタンと閉める…

ドアのガラスなんて

3〜4枚割りました。

たぶんそれは

小学生だった。


感情を出すといつも言われたのは

泣けば済むと思うな!

外では蚊も殺さないような顔して!

よその人に聞こえるから静かにしろ。


もっと小さなときは

泣くと

怖いおじさんが来るから連れてかれちゃうよ!


もしくは

重い木の扉の真っ暗な蔵へ

閉じ込めらて出してもらえない。


泣きながら

泣き疲れて

寝てしまったことが記憶のほとんどをしめ

何処か遠いところで

母親が

また泣き寝入りしたよ、と

舌うちまじりに聞こえたことも

何時もあると思う。



泣く→気持ちを、きいてもらう、話し合う→納得して泣き止む

という段階を一切踏まず


→納得せずに泣いたまま→寝てしまう。

もしくは

→怖がらせて、恐怖と力で泣き止ませる。


という方法で育てられたため


泣き始めたら

自分で止められなくなる、

というのが大人になっても続いた。


大人になり就職して

悔し涙が出たりしても

気持ちの落としどころが一切わからず

何時間も泣いていたり



付き合ってる人にDVをうけ

泣いていたときも、

何時間も何時間も…

泣き過ぎて、涙を擦りすぎて

肌がピリピリするくらい

ずっと泣いてました。

毎日ね。

それも20歳くらいかな。



話がすごく飛びましたが


とにかくこの年末年始にかけてね

去年からなんだけど

妹に


お姉ちゃんのせいで父母が可哀想!

いかられ。


ちなみに

両親いないときにね。


そのあと、妹いる前で

両親にそのことを話して

それ自体、私的にかなりの成長なんだけど


両親は、

そんなことおもってないから大丈夫だよ。と言ってくれて

丸く収まったんだけどね。



そのあと

手紙を妹からもらったのだけど…


妹からみた

私の悪い部分がわんさかと書いてあり


心より凹んだ。


私は心の中でそれは違うんじゃ…と

いう怒りを通りこして

脱力するしかないレベル。

私があなたにどんな危害を加えたというんだ…




お世話になってた人が

この間突然死んでしまって…

あまりに突然で実感なかったのに

そういうのが

ジワジワと悲しくなったりして




私なんて

ほんと死んじゃえばいいのに。

って

久々にそんなモードになっちゃってね。



先ほど書いたような育てられ方と

真逆で家族全員からちやほやされて

余裕な中で育てられた妹

妹は、歳がすごく離れて産まれたしね


もう、全然違う。

全てが。


1番は

私は小さなときからみてきて可愛い妹だけど

妹にしてみたら

迷惑なおねえちゃん

あまり家族といないように

避けていたし

ほとんど家族じゃないのね。

優しい子だから

いろいろがんばってくれてるけど

根本が、違う。



こういうパターンのときって

どうしたらいいのか?


縁を切る?

また私だけ家族と離れる?

…死ぬ?


私なんていたっていなくたっていい、とおもったのは

やっぱり家族との関わりが

大元にある。



って

気づけていることが

すでにあの時とは違うのに


無力な子供時代とは違うのに


また

誰もいないとこへ

隠れようとした自分を感じて…





ーさっきね

白い壁に黒い丸を眺めてました。

少し視線をそらすとね。。

残像が見えるの

黒い点のね

そこには何もないんだけど。


時間がしばらく経ったら

残像は消えました。



本当…

それとおんなじ。

あのときの残像が

少しのこってるから

悲しく感じた出来事だっただけ




もう

生まれ変わるときがきてる