読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kiaca’s blog

ボイジャータロットでみつめる自分

guardian 守る女性 ボイジャータロット

guardian

f:id:kiaca:20170307231821j:plain


ガーディアン エンジェル

とかいう言葉を聞いたことがあります。

単純に…”守り”の意味のガードなんだね。


このブログ始めて

英語表記をやっと気にするようになった。


(最近日にちまとめてupしているのは

携帯からのログインが

いつもパスワードいれたり

何分もかかるので

メモアプリに書いて時々

まとめて添付するスタイルにしたので。)


最近このカード

よくひいてます。




自分が宝もの


シュガーキャンディで

厚く

しっかりと

コーティングされている


私の心の中にはほんとは誰も入ってこれない


傷つけられた気がしたり

無視された気がしたり

仲間はずれにされた気がしたり

いやいや、そんなことはない

気のせいだって

すぐに気をとりなおせても


少しだけ…

ちくっとする

ことはあった。


それも

もう

いらないね。



私は私を守ると決めた。

私を傷つける人は

誰も私の物語に登場させない。

すぐさま舞台を下ろす。


それは

勇気がいるのだ。

幸せしか選ばないという勇気。


攻撃しない。

なかったことにする、というのとも

少しだけ違う。

いらないものは、いらない。って

腹をきめた。



誰かに何かを言われたときに…

言われたくなかった、傷ついた。

そんなときに


a.そうだ…私がいけないんだ、、泣


もしくは


b.なんでそんなこと言われなきゃいけないの、、怒


のどちらかだった。


そこに


c.強制終了


を加えた。


これは逃げるとも違う

むしろ

立ち向かうイメージです。





次、そうきたら

次はないよ。と

理不尽なことにはそう思う、

態度で示す。


だから

我慢とかもないし

ただ視点は自分にあって

自分を守るために、という

動きになる。



いつも自分は守られてる。

自分にね。



今までは

誰かに何かを言われないために私は。。

誰かに何かを言われたから私は。。

と、常に考えていた。







それさえも

私を傷つけるものなら

私は切らなくてはいけない


幸せって

馴れ合いと違う

情とも違う


お互いの心地よさを

測れなくなったら

お互い幸せじゃない。


いつか

また

仲良く笑いあえたら嬉しいけど

今じゃないってときもある


私は今

私を守ることを

学んだ