kiacard blog

カードと向き合うヒトリゴト

ボイジャータロット カップの10 passion 情熱

f:id:kiaca:20170710225027j:plain


情熱のカードを引いたけど。

何が情熱なんだろ〜

って

言いたくなるくらい

なんだかボーっとしちゃう


だって会いたい人になかなか

会えないんだもの


ということももちろん誰にも言えないし、

そういう感情も否定してる

(会いたいと思ったら負け、みたいな)

自分がいたのだった…


今書いてみて気づいた。


(強がりな自分注意報)




私の場合は

もう誰かのブログでみつけた

感動しちゃう

素晴らしい言葉

なんかよりも

自分からでた

(今、ここに書いている)

言葉の方が

100倍気づきがある

と、知ってるはずなのに

なぜか書くことを怠っていた。

(私の場合はカードを引くことよりも

そこから湧き上がる言葉をここにどんどん紡いでいくことではじめて気づくことが重要なこと。よくあるブログのように”分かりやすく”書いていないのはそのため。自分勝手で1人よがりなこのブログ。笑



自分の感情に、フタをしない。

好きという感情もフタをしない。

好きの、対象は、一つにみえて

一つじゃない。


一つがたくさん広がって

好きなものの好きなこと

好きな一つから分岐して


ただただ

花が開いてく



それを外側から眺めて。

花火をみるみたいに

離れたとこから。


うわー

好きに、なるって

すごいステキなことでしかなかった。

ポンポン花火が、上がってる


花火と花火の間の時間が

長いと、、

”えっ?終わり?”

っで、不安になったり


しちゃうとこも何処か似てる


情熱の、花が、咲けるのは

私自身が、満たされた土壌であるから


栄養がたっぷりで

常にうるおってる。

咲くまでの

蕾の期間も、ずっとずっとあたためてきたものが、今やっと花開いてる。


花火のように打ち上がる。

次から次へ咲いてくる。


不安は一つもなく

それは

どんな形であっても

私の喜びに変容