kiacard blog

自分と向き合うヒトリゴト

ボイジャータロット カップの4 anger 怒り

'守ること' と '怒り'について



この何日か

じつはある出来事に対してひくと

必ずひいていたカードがあり…


f:id:kiaca:20170901122249j:plain



f:id:kiaca:20170901121316j:plain


f:id:kiaca:20170901121346j:plain


両方に、'怒り'があるの、わかるでしょうか?


じつは

私は

自分の中に'怒り'があることを

全く自覚しておりませんでした。


何故'怒り'、、?というのが正直なところで


でも、ここまで、出るということは

意味が無いわけはないんですね。


以前、'失望'のカードが3日続けて

出てきたときも、はじめは全く何故なのか?

わかりませんでした。



私は、'怒り' を 'あきらめ'

に変換して生きてきました。


その結果、'怒り' をなかったことにしながら、

生きてきてしまったんですね。



以前の夫は7歳年上で

私は彼に対して不満を言うことをしませんでした。怒りを出さないできました。

それには理由があり

結婚以前に暮らしはじめた時期に

些細なことからケンカになった時があったのですが、彼はプライドが高く、

私に一言言われようものなら

100のナイフで刺してくるような

反撃をしてきました。

私はその逆ギレ具合に相当のダメージをうけました。恐怖にも似た感情を覚えました。

それ以来

ずっと'怒り'を見て見ないようにすることで

この関係をやり過ごしてきました。



そして…


そのような関係を築いてしまったベースは

もちろん

子供時代の家族との関わりになりますが…


※このあたりはブログ1番下のkiaca自己紹介に

書いてあります。


今、ある出来事との関わりの中で

その”見てみないようにしてきた怒り”

がカードを通して

表出してきたといえます。



感情は、全て感じきらないと

なくならない。



怒りを感じ直すために

引っかかる出来事、人との関わりを

よく思い出してみました。

怒り=悲しみ

そして

怒りを見つめ直すワークを

通して、

分かったことがありました。



'怒り'は悪ではないのだということです。

怒りこそ、自分を守るために必要なもの。


こんな光景が

頭に浮かんできました。

野良猫のお母さんが、赤ちゃん猫を守るために

決死の形相で怒る姿が。


※怒る母猫の動画、アッ、画像出てこない…泣

https://youtu.be/v1Cdr81qYkA


私は、私の1番大事な部分を

守りきれないばかりか

ずっとずっと痛めつけてきていたのかも

しれないです。


嫌われたくないという思いがあり

↕︎

私は好かれていない

という不安から来るものだったかも

しれないです。



本当は

'自分が大事にされていない!'

'私のことも認めてよ!'

という

不満や怒りが山のようにあったのに

その気持ちはどこにもいかず


大事に大事に身体の中に貯めていた

ことに気づきました。



今回は声をだしたり、文字にしたり

紙を破ったり、膝を叩いたり

、、と書くとかなり怪しいですが


今までの溜まった怒りを

外へ表現するワークをやってみました。



その時間は

本当に台風、嵐のようでした。



少し、疲れました。



'怒り'の取り扱い方が

やっと分かってきたので…

きっとこれから

また変化するのだと思います。









*初めてこちらのブログをご覧になる方へ

http://kiacard.hatenablog.com/entry/2017/01/18/213636



ボイジャータロットを楽しむためのご提案

&kiaca自己紹介

http://kiacard.hatenablog.com/entry/2017/08/31/130704