kiacard blog

カードと向き合うヒトリゴト

一万人チャレンジで見せていただける世界

一万人チャレンジをはじめて、今日は

740人をカウントしました。

 

タロットカードに興味の無い方にも

出会えた方に引いていただくように

(なるべく)

していますが

 

当たり前ですが

その方のある内面の、ほんの一部分を

垣間見させていただくこともあり

(意外なこともあります)

 

あぁ

目に見える情報でその人のことを勝手に

知るよりも

心の中って深いなぁ、っていつも

思うんです。

 

そういう意味で

私自身が、目に見えるもの以外のことで

その方のことを知ることができるというのは

 

その方のより沢山の魅力をみせて頂くことに

繋がりますので

とても幸せです。

 

 

今日は障害のある方の施設に行き

お菓子のワークショップのコーディネートをさせて頂きました。

 

いろんな利用者さんがいらっしゃいます。

言葉を話せない、

うまく食べられない、

自分でトイレに行かれない、

 

私たちの'当たり前'が当たり前でなかったと

知る場面が沢山あります。

 

気持ちを言葉や表情で、という訳ではなく

普通の身体をもつ私たちとは少し違う表現で

伝えられることもあります。

 

少しでも、お話しの出来る方には

カードを引いていただきましたが

その深くにあるものを

見させてもらおうとしたときに

 

しばし、止まってしまいました、、、

 

 

f:id:kiaca:20191112152848j:image

 

 

もらって、受け取って。

お世話してお世話されて。

1人では生きて行けないという

選択をしてこの世に生まれてくることの

強さとはどんなものでしょうか。

 

私はまだ分かりません。

ただ、みんな、いのちの精一杯、という

生き方なんだとおもいました。

 

 

カードがホッと一息

つける場面でありますように。

 

賑やかな、楽しい一日でした。

 

 

 

 

f:id:kiaca:20191112153317j:image